工作機械・ロボットSIer 会社選びガイド -マシロボ » 日本を代表する工作機械メーカー

日本を代表する工作機械メーカー

ヤマザキマザック

特徴・動向

ヤマザキマザックは、様々な製品に向け、精度の高い部品をより速く生産できる高性能な工作機器の開発、提供を行っています。近年高まる部品の強度や精度へのニーズなど、多様化するニーズに応えるため、グローバルエンジニアリングビジネスの更なる推進とチャレンジを続けていきます。

ロボット関連

ヤマザキマザックは、加工から計測まで全過程を1台で完結し、大幅な生産時間の短縮ができるハイブリット複合加工機「INTEGREXシリーズ」や専門知識なしで高密度な歯車加工が行える対話式プログラミング機能を搭載した独自のCNC装置「MAZATROL SmoothX」を発表しています。

会社情報

DMG森精機

特徴・動向

DMG森精機は、切削型工作機械の総合メーカーです。ドイツのDMG MORI AGと経営統合し、グローバルな企業へと進化しました。創業以来培ってきた技術によって、高性能・高効率な工作機械の提供と豊富なラインナップを実現し、お客様にとって一番の工作機械メーカーになることを目指しています。

ロボット関連

5軸加工機・複合加工機による生産工程集約は、結果的にAIを用いたデータ解析を進展させ、そこから学習された結果は、工作機械の高機能化・機械加工の全プロセスの高生産性を実現します。DMG MORIは、このデジタルファクトリーの構築モデルを提案しています。

会社情報

オークマ

特徴・動向

オークマは創業当時から、生産性向上のため「必要なものが世の中に無ければ自社で開発する」精神で研究開発を行ってきたグローバルな総合工作機械メーカーです。そして、人工知能を活用した知能化技術の開発に取り組み、新たな事業を展開しようとしています。

ロボット関連

デザイナーの想いを忠実に再現すること、高精度・高面品位加工を実現すること、といった当たり前のことを叶えた上で、オークマは、『ものづくり現場の声』に応えることにこだわりを見せています。これまでに蓄積した技術によって、ものづくり現場の課題を解決するロボット作りを行っています。

会社情報

牧野フライス製作所

特徴・動向

牧野フライス製作所は『クオリティ・ファースト』を追求しており、その工作機械は、電子機器、自動車、航空機など幅広い産業において提供されています。また、工作機械の高度化を通して、お客様の生産の効率化と環境負荷低減に貢献することによって、持続可能な未来の実現を目指しています。

ロボット関連

工作機械の常識を一変させるコンセプト「e・MACHINE」を開発し、お客様のものづくりのパフォーマンス向上を実現しました。また、長年培った加工技術のノウハウと強⼒なコンピューティングパワーを使ったデジタルツイン技術を開発し、実作業での最適解を導き出していきます。

会社情報

芝浦機械(旧社名:東芝機械)

特徴・動向

芝浦機械グループは創業以来、お客様のニーズに寄り添った機械を共創し、提供することで、社会や産業の発展に貢献してきました。製造業が直面する気候変動と資源不足、テクノロジーの進歩等に卓越した技術革新で応え、社会的課題の解決と企業価値向上を両立することを目指しています。

ロボット関連

エネルギーや航空機・光学・デバイスなど機種を選択し特定のドメインに絞ることで、芝浦機械の技術力を活かした高い付加価値を生み出していきます。さらに、大型機や特殊専用機、超精密加工機などの芝浦機械が競争優位性を発揮できる分野に注力し、開発を行います。

会社情報

ジェイテクト

特徴・動向

ジェイテクトグループは、自動車部品、ベアリング、工作機械等を製造・販売しています。工作機械ブランドとして、「TOYODA」を立ち上げ、自動車の量産ラインで長年培われてきた独自の技術をもとに、モノづくりの生産性向上をサポートし、さらなる技術の強化を図っています。

ロボット関連

AIやIoTによるデータを活用し、お客様の製品改良に貢献する「プロダクトイノベーション」、効率化・省人化を推進する「スマートイノベーション」、人の成長をサポートする「マネジメントイノベーション」の3つの改革を軸にモノづくりに貢献するロボット開発を進めています。

会社情報

アマダ(旧社名:アマダホールディングス)

特徴・動向

2020年4月1日からアマダグループとして、新たな体制でスタートしたアマダは、金属加工機械・器具の製造・販売などを主要な事業とし、板金機械・切削・研削盤・プレス・精密溶接・5つを中心とする加工機械やそれらを制御するソフトウエアなどを提供しています。

ロボット関連

アマダは板金事業を中心にレーザ、パンチング、ベンディングマシンなど切る、曲げる、付けるに特化したロボットを取り揃えています。様々な分野で必要とされる「金属製品」を加工する「モノづくりのためのマシン」を作る「モノづくり企業」であることを信念に開発に取り組んでいます。

会社情報

ツガミ

特徴・動向

ツガミは情報技術産業などの急速な技術革命による総合的性能の向上を目指した研究開発を進めています。今後成長が期待される分野、環境・省エネ対応が求められている自動車向け部品、高度化するHDD・IT分野、医療分野など、お客様のニーズに十分に応えられる新製品の開発を行っています。

ロボット関連

品質統一を経営の理念とし、お客様のニーズにスピーディーに対応し、問題が解決するまで執拗に取り組んでいます。常に品質向上へ向けて、教育訓練・改善活動を行っています。

会社情報

ソディック

特徴・動向

ソディックは、全世界の高精度機需要を的確に把握した市場のニーズを盛り込んだ製品を提供しています。そして、高密度領域をターゲットにした精密マシニングセンタの拡販、金属3Dプリンタの販売・研究開発などを加速させ、マーケットシェアを拡大しようとしています。

ロボット関連

金属3Dプリンタをはじめ、放電加工機、マシニングセンタ、射出成形機、食品機械と、常に次世代を意識した、独創的かつ高付加価値な製品を継続的に市場に投入しています。

会社情報

松栄テクノサービス株式会社

特徴・動向

メンテナンス事業やシステムイングレータ事業、中古ロボット事業部、レンタル事業、教育事業、企画開発事業などの事業を展開している会社です。ロボットマイスターとしてお客様から頼られる存在を目指しています。

ロボット関連

現場の情報をデータ化し蓄積する情報力・35年培ってきた経験と研修制度による技術力・レスポンスよく行動できる対応力、この3つのパワーを活かした企画開発・商品づくりを行っています。1社1社に合わせた提案型サービスを実現し、的確かつ迅速な対応と交換部品の事前提案などが特徴です。

会社情報

株式会社HCI

特徴・動向

ロボットシステムと AI システムのどちらも自社開発しているロボットシステムインテグレータ企業。工場のオートメーション化とロボットシステムを手掛けています。積極的に講演会・展示会に参加しており、今後さらに便利なロボットが開発されることが期待できるでしょう。

ロボット関連

搬送・ハンドリング技術、知能化技術、協働制御技術、教育・検証技術、塗布・溶着・塗装・熱処理技術、ケーブル・ワイヤー・チューブ業界特化技術、ロボット&AI&IoT技術、三品業界特化技術など、幅広いロボットシステム ・AI システムを開発しています。

会社情報

髙丸工業株式会社

特徴・動向

ロボットシステムの企画・設計・製作・販売~メンテナンスまで行なっている会社。生産の合理化や品質向上のためのロボット開発を行っており、ロボット業界全体の牽引役になることを目的として努力を重ねています。

ロボット関連

主に溶接ロボットシステムやハンドリングロボットシステム、バリ取りロボットシステムなどの産業用ロボットシステムの開発に力を入れています。

会社情報

精密加工のロボット
システム業界をリード。
パイオニア的存在の
注目加工ロボットSIer3社

ロボットを直接加工に使うニーズに対応可能な加工ロボットSIer会社の3社ピックアップ。いずれの企業も、加工ロボット業界のパイオニアとして、世界初、日本初、業界初のロボット技術・開発力をもつロボットSIer会社です。※2021年10月1日時点調査(自社調べ)

トライエンジニアリング

世界初のヘミング加工に成功、
全自動車メーカー導入!*1

対応ロボット

マシニングセンタ(切削)/
研磨/ヘミング(曲げ)/
溶接/異素材接合

取り扱いロボットメーカー

安川電機/ファナック/
NACHi不二越/STAUBLI/KUKA

インフィニティ
ソリューションズ

日本初のパッケージングされた
切削ロボットを販売!*2

対応ロボット

マシニングセンタ(切削)/溶接/
塗装/組み立て 等

取り扱いロボットメーカー

KUKA

KADO

日本企業初のKUKA
オフィシャルパートナー!*3

対応ロボット

切削機械/ハンドリング/
自動複合材成形装置関

取り扱いロボットメーカー

KUKA

参照元:
*1 トライエンジニアリング公式サイト https://trieg.co.jp/
*2 インフィニティソリューションズ公式サイト https://www.infinitysolutions.co.jp/faq/
*3 KADO公式サイト http://www.kado-corporation.com/

[PR] 動画で紹介! 加工ロボットはここまでできる!