工作機械・ロボットSIer 会社選びガイド -マシロボ » 加工・切削・研磨ロボットシステムインテグレーター一覧カタログ » ヤマハファインテック

ヤマハファインテック

ヤマハファインテックのロボットSIerとしての特徴

ヤマハファインテックは、楽器やバイクなどの製造で知られたヤマハのグループカンパニーです。幅広い事業でつちかってきた「ものづくり」のノウハウと、世界的メーカーとしてのグループ力を活かして、クライアントのロボット導入ニーズへ寄り添うロボットSIerとして活躍しています。

自動化やシステム化が困難とされていた業界・分野にも、独自の技術力でチャレンジを続け、単なるロボット導入だけでなく新しい労働環境や製造現場のベース構築へ貢献しています。

ヤマハファインテックのロボットの特徴・実例

小型金属部品用バリ取り・面取りシステム

小型の金属部品をワークとして、ロボットアームや専用ハンドがワークを適切に保持することで様々なツールを併用してバリ取りや面取りなどを行えるロボットシステムです。複数のワークをあらかじめセットしておくことで作業の効率化を図ることが可能であり、クリアアントの環境に合わせて集塵機や安全柵といった設備をカスタマイズ設置することもできます。

また、作業員が必要な操作を行いやすいように配置デザインにも配慮されました。

参照元:ヤマハファインテック公式サイト 小型金属部品用バリ取り・面取りシステム

ドアレバー用バリ取り/研磨システム

ドアレバーを対象ワークとして様々な作業を効率化する、サンダーヘッド搭載のロボットシステムです。サンディングベルトを回転させて研磨させるシステムを標準搭載しており、さらに粉塵処理についても安全面に配慮した上で集塵機などをカスタマイズ設置することができます。設定などの操作を行いやすいように、調整作業が全て本体前面で操作できるようになっており、ドアノブの他にもクランクやブレーキレバーといった製品をワークとして選定できます。

参照元:ヤマハファインテック公式サイト ドアレバー用バリ取り/研磨システム

大型金属部品用研削/研磨システム

金属部品の研磨システムへ、20kgの可搬重量に対応したロボット「M-20iA」を組み込んでいるシステムです。クライアントの導入ニーズや利用環境、ワークの種類などに応じて周辺機器をカスタマイズすることもできます。

ホイールツール把持型やディスクツール把持型、ベルトサンダーツール把持型など複数のモデルがラインナップされており、操作画面にはタッチパネル方式を採用して初心者でも使いやすいよう配慮されていることが特徴です。

参照元:ヤマハファインテック公式サイト 大型金属部品用研削/研磨システム

取り扱いロボットメーカー

ヤマハファインテックの設備紹介・スペック情報等

ロボットに関するニュースリリース(プレスリリース)

会社情報

精密加工のロボット
システム業界をリード。
パイオニア的存在の
注目加工ロボットSIer3社

ロボットを直接加工に使うニーズに対応可能な加工ロボットSIer会社の3社ピックアップ。いずれの企業も、加工ロボット業界のパイオニアとして、世界初、日本初、業界初のロボット技術・開発力をもつロボットSIer会社です。※2021年10月1日時点調査(自社調べ)

トライエンジニアリング

世界初のヘミング加工に成功、
全自動車メーカー導入!*1

対応ロボット
  • マシニングセンタ(切削)
  • 研磨
  • ヘミング(曲げ)
  • 溶接
  • 異素材接合
取り扱いロボットメーカー
  • 安川電機
  • ファナック
  • NACHi不二越
  • STAUBLI/KUKA
インフィニティ
ソリューションズ

日本初のパッケージングされた
切削ロボットを販売!*2

対応ロボット
  • マシニングセンタ(切削)
  • 溶接
  • 塗装
  • 組み立て 等
取り扱いロボットメーカー
  • KUKA
KADO

日本企業初のKUKA
オフィシャルパートナー!*3

対応ロボット
  • 切削/ハンドリング
  • 自動複合材成形装置
取り扱いロボットメーカー
  • KUKA
参照元:
*1 トライエンジニアリング公式サイト https://trieg.co.jp/
*2 インフィニティソリューションズ公式サイト https://www.infinitysolutions.co.jp/faq/
*3 KADO公式サイト http://www.kado-corporation.com/