工作機械・ロボットSIer 会社選びガイド -マシロボ » 有名産業ロボットメーカー » ABB

ABB

引用元:公式HP
https://new.abb.com/jp

ABBの特徴

ABB は、事業を継続していくことで、常に社会と産業界へ変革を与えることを活力に、世界をリードするエンジニアリング企業を目指しています。エレクトリフィケーション事業、プロセスオートメーション事業、モーション事業、ロボティクス&ディスクリート・オートメーション事業を世界100か国以上で提供しており、ソフトウェアをそれらのポートフォリオに結びつけることで、テクノロジーの限界を押し広げ、パフォーマンスを新たなレベルに引き上げることを目指しています。

ABBの動向

ABBは、国連の持続可能な開発目標(SDGs)に貢献するために「サステナビリティ戦略2030」を定めており、その戦略の中核は、低炭素社会の実現に積極的に貢献することだとしています。そのため、顧客・サプライヤーとも連携し、バリューチェーンおよび製品・ソリューションのライフサイクルにわたって持続可能な慣行を実践しています。ABBは、事業を展開することで、模範的な企業市民となることを目指しています。

ロボットの特徴・種類など

ABB Roboticsは、ロボット工学、機械自動化、デジタルサービスを得意とし、自動車から電子機器、ロジスティクスまで、さまざまな業界に革新的なソリューションを提供しています。アーク溶接や組み立て、バリ取り、切断など、そのアプリケーションは多岐にわたり、可搬重量やリーチも様々なロボットが提供されているので、それぞれの場面のニーズに合わせたロボットを選択できます。

ロボットメーカー ABBの導入事例を調査

実際にABBの自動化システムを採用した企業などの導入事例をリサーチ!どのような問題を解決してきたのか、導入後の様子なども調べてみましたので参考にしてほしいと思います。

case1. ネスレのブラジル生産工場で50%以上の生産率向上に貢献

導入システム:ABB 「IRB660」

ブラジルにあるネスレのチョコレート製造工場で、 新しいABBパレタイジングロボットソリューションが使用されています。製品を吸着し搬送する吸着グリッパヘッド機能を搭載したABB IRB660ロボットによって、製造ラインの端からパレットに箱を移動。ロボットが荷重バランスを取りながら正確に積み上げてくれるので、効率的に生産ラインを稼働させることができます。また、SafeMove技術 によってロボットと生産ラインにいる作業員間の断続的な協働作業を実現!人が近づいた際に素早く動きを検出してくれるので、作業員の安全面にも配慮した仕組みとなっています。安全柵の必要が無いので、従来よりも設置面積を30~40%ほど縮小。これらの自動化システムは、食品・飲料メーカーのようにシーズンごとに製造ラインの変動がある場合でも、柔軟に対応することが可能です。

参照先URL: ABBロボットはネスレのブラジル工場の生産性を50%以上向上させています https://new.abb.com/news/ja/detail/76017/abb-robots-boost-productivity-at-nestles-brazilian-plants-by-over-50-percent

ロボット導入によるメリット

case2. 熟練技術を伴うらっきょうの根切り作業にロボットを導入

導入システム:パラレルリンクロボット「IRB 360-3/1130 」

らっきょうの根切り作業は全て手作業で行われているため、長年の経験が必要な作業で1人の作業員が1日にできる量にも限度がありました。ここ数年は作業員の高齢化によって人員の確保が厳しくなり、根切り作業が生産のネックに。ロボットシステムを導入し自動化にしたことで、サイズによって加工できるものは限られてしまうものの、これまで1日7,200個ほどだったものから11,520個まで加工生産量を増加させることができました。

参照先URL:2017robothb.pdf (robo-navi.com) http://www.robo-navi.com/document/2017robothb.pdf

ロボット導入によるメリット

産業ロボットに関するニュース(プレスリリース)

2021年7月21日 ABBがASTIMobile Robotics Groupを買収し、自律移動ロボットで次世代の柔軟な自動化を推進

ABBは、世界有数の自律移動ロボット(AMR)メーカーであるASTI Mobile Robotics Group(ASTI)を買収すると発表しました。これにより、ABBは次世代の柔軟な自動化のための完全なポートフォリオを提供する企業となりました。

会社情報

有名産業ロボットメーカー一覧

精密加工のロボット
システム業界をリード。
パイオニア的存在の
注目加工ロボットSIer3社

ロボットを直接加工に使うニーズに対応可能な加工ロボットSIer会社の3社ピックアップ。いずれの企業も、加工ロボット業界のパイオニアとして、世界初、日本初、業界初のロボット技術・開発力をもつロボットSIer会社です。※2021年10月1日時点調査(自社調べ)

トライエンジニアリング

世界初のヘミング加工に成功、
全自動車メーカー導入!*1

対応ロボット

マシニングセンタ(切削)/
研磨/ヘミング(曲げ)/
溶接/異素材接合

取り扱いロボットメーカー

安川電機/ファナック/
NACHi不二越/STAUBLI/KUKA

インフィニティ
ソリューションズ

日本初のパッケージングされた
切削ロボットを販売!*2

対応ロボット

マシニングセンタ(切削)/溶接/
塗装/組み立て 等

取り扱いロボットメーカー

KUKA

KADO

日本企業初のKUKA
オフィシャルパートナー!*3

対応ロボット

切削機械/ハンドリング/
自動複合材成形装置関

取り扱いロボットメーカー

KUKA

参照元:
*1 トライエンジニアリング公式サイト https://trieg.co.jp/
*2 インフィニティソリューションズ公式サイト https://www.infinitysolutions.co.jp/faq/
*3 KADO公式サイト http://www.kado-corporation.com/

[PR] 動画で紹介! 加工ロボットはここまでできる!