工作機械・ロボットSIer 会社選びガイド -マシロボ » 日本を代表する工作機械メーカー » 芝浦機械(旧社名:東芝機械)

芝浦機械(旧社名:東芝機械)

引用元:公式HP
https://www.shibaura-machine.co.jp/jp/

芝浦機械(旧社名:東芝機械)の工作機械メーカーとしての特徴

芝浦機械グループは1938年の創業以来、日本そして世界の産業から要求されるさまざまな機械を、ニーズに寄り添い、共創し、提供することで、社会や産業の発展に貢献してきました。これまでに培ってきた技術・開発力、QCD、営業・サービス力を基盤として、再生可能エネルギー、省エネルギー、環境対応の新素材、生産性向上などの分野を軸に事業活動を行っています。

芝浦機械(旧社名:東芝機械)のあつかう工作機械の特徴・種類など

門形マシニングセンタ

芝浦機械の門形マシニングセンタは、高剛性・高精度の加工を実現し、生産性の向上に貢献してくれます。豊富なアタッチメントも魅力的です。

横中ぐり盤

芝浦機械の横中ぐり盤は、高速・高精度化のニーズにこたえるため、開発が進められています。最新鋭の制御装置TOSNUC999が搭載されています。

マシニングセンタ

芝浦機械のマシニングセンタは、安定した強力切削と恒高精度加工を約束しています。芝浦機械の技術が結集したクラス最高精度のマシニングセンタです。

ターニングセンタ

芝浦機械のターニングセンタは、メインパーツの剛性度と精度の高さが保証されています。高速化、高剛性化が進み、さらなる生産性の向上も実現しました。また、最新のFANUC-0iTDを搭載しています。

研削盤

ホイールトラバース形CNCロール研削盤・テーブルトラバース形CNCロール研削盤の2種類の研削盤を開発しています。どちらも芝浦機械が独自で開発したロール研削盤用の特殊機能をもつCNC装置TOSNUC888-Gが搭載されています。

芝浦機械(旧社名:東芝機械)の動向

グローバル製造業が直面する気候変動と資源不足、人口構造の変化、テクノロジーの進歩等のメガトレンドに卓越した技術革新で応え、社会的課題の解決と企業価値向上を両立することを目指しています。また、新たな産業を創造する力で皆様と共に価値を創る「価値共創メーカー」へと進化していくことも目指しています。

芝浦機械のロボットに関する取り組みを調査

4つのラインナップから選定可能な産業用ロボット

工作機械メーカーとして1938年に創業して以来、ロボット開発でも多様な実績を残している芝浦機械株式会社。2004年には系列会社でも行われたロボット事業を一本化し、他社との差別化を図るべくラインナップの充実に力を注いできました。2016年からは中国工場での産業ロボット生産を始動させ、国内外の工場で独自のロボット生産ラインを確立。ものづくりを支える企業として、高精度な品質のロボットシステムを開発し続けています。また、ロボットを導入したユーザーのためのスクールも開設。操作技術やプログラミングなどを教えています。

システムの特徴

高い性能を誇るスカラロボット(水平関節ロボット)は、芝浦機械の代表的な産業ロボットの一つ。精密な作業が必要な組立てや検査工程などの自動化に適したなロボットシステムで、小型なものから大型のものまで幅広いシリーズを展開しています。また、高性能な3Dシミュレーションなどができるロボットプログラムの開発作成支援ツール「TSAssist 」を開発。自動化設備のプランニングや導入・改善策などをアシストしてくれるシステムとなっています。

ロボット製品情報

芝浦機械が手掛けてきた代表的なロボットシステムを厳選!実際にロボットが動いている動画も集めてみましたので、参考にしてみて下さい。

高速動作と優れた可搬性能!スカラロボット THE600

2019年12月に販売を開始。高速かつ正確な移動を実現したロボットで、これまでのスカラロボットの基本性能を飛躍的にアップさせ、高いパフォーマンスを可能にしました。2kgの製品搬送時のサイクルタイムはわずか0.3秒台!剛性の高いボディにしたことで、重いものを持っていても細かい動きや素早い搬送ができるので、電子機器や自動車部品などの組立てや検査に適しています。最大12kgの製品の搬送が行え、新しい制御性能とネットワークシステムにも対応しています。

参照元:YouTube https://youtu.be/f7o5qgcEI7I
参照元:MONOist ヒト型双腕協働ロボットや金属3Dプリンタなど、社名変更控える東芝機械の新製品群 https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/
1905/08/news064_2.html

物流専門のロボットシステム「パレタイズシステム」

ユーザーの要望に応えて、物流専門にパッケージ化したロボットシステムで、2.5m四方の稼働スペースがあれば設置することが出来るコンパクトさが魅力。パレットを置くためのターンテーブルによって、小さなロボットでも多方向から作業を行えるように設計されています。箱の重量や仕様によって3種類のラインナップがあり、他のシステムと組み合わせることで段ボール箱の開梱や積み卸しなど物流の工程ごとに自動化できるため、人手不足をカバーしたり夜間などの物流作業もサポートしてくれます。

参照元:YouTube https://youtu.be/51QvKZ8egCU
参照元:ロボットダイジェスト [特集 物流機器は新世代へvol.8]開梱・パレタイズシステムを開発、物流開拓に本腰 https://www.robot-digest.com/contents/?id=1614523794-544209&dp=1

会社情報

日本を代表する工作機械メーカー一覧

精密加工のロボット
システム業界をリード。
パイオニア的存在の
注目加工ロボットSIer3社

ロボットを直接加工に使うニーズに対応可能な加工ロボットSIer会社の3社ピックアップ。いずれの企業も、加工ロボット業界のパイオニアとして、世界初、日本初、業界初のロボット技術・開発力をもつロボットSIer会社です。※2021年10月1日時点調査(自社調べ)

トライエンジニアリング

世界初のヘミング加工に成功、
全自動車メーカー導入!*1

対応ロボット

マシニングセンタ(切削)/
研磨/ヘミング(曲げ)/
溶接/異素材接合

取り扱いロボットメーカー

安川電機/ファナック/
NACHi不二越/STAUBLI/KUKA

インフィニティ
ソリューションズ

日本初のパッケージングされた
切削ロボットを販売!*2

対応ロボット

マシニングセンタ(切削)/溶接/
塗装/組み立て 等

取り扱いロボットメーカー

KUKA

KADO

日本企業初のKUKA
オフィシャルパートナー!*3

対応ロボット

切削機械/ハンドリング/
自動複合材成形装置関

取り扱いロボットメーカー

KUKA

参照元:
*1 トライエンジニアリング公式サイト https://trieg.co.jp/
*2 インフィニティソリューションズ公式サイト https://www.infinitysolutions.co.jp/faq/
*3 KADO公式サイト http://www.kado-corporation.com/

[PR] 動画で紹介! 加工ロボットはここまでできる!