工作機械・ロボットSIer 会社選びガイド -マシロボ » 加工・切削・研磨ロボットシステムインテグレーター一覧カタログ » 井原精機

井原精機

引用元:公式HP
https://www.ibaraseiki.co.jp/

このページでは、ロボットSIerとして認定を受けた会社「井原精機」の特徴や事業内容、評判などについて、ご紹介しています。

井原精機のロボットSIerとしての特徴

井原精機株式会社は、中小企業をメインの対象にした産業用ロボット導入の支援サポートを行っている、ロボットSIerです。人手不足や人財不足の対策として活用できる産業用ロボットの開発や製作、導入までをワンストップでサポート。クライアントとなる企業の仕事内容を徹底的にヒアリングした上で、ロボットを選定し、必要なハンド・周辺機材の設計や製作、およびロボットに動きを教え込む「ロボットティーチング」までを一貫して行っています。井原精機の母体は「井原精機株式会社」であり、ここで養われた製造技術やライン構築などのノウハウを最大限に活用した、徹底したサポート体制が強みです。

ただロボット製品を提供するだけがロボットSIerとしての役目ではなく、ロボットを導入してから使えるようにするまでの一連をサポートすることがロボットSIerとして必要なサポートだと考え、井原精機ではロボットがモノを掴むという動作を行うにおいて、必要な設計・製作に特に細かく配慮しています。直接ワークに触れる他、他の部品よりも消耗や摩耗が激しいハンド部分には、交換の容易性なども考慮して設計を実施。ロボット周辺機器の動きを連動・制御させるためのインターフェイスも行い、制御装置を丁寧にプログラミングしています。

ロボットの動きの自由度の高さを踏まえた上での、動きを教え込むティーチング段階も非常に重要。意図した動きを教え込み、現場で本当に活躍できるロボット装置を導入していえるのが井原精機のモットーです。

参照元:*1 井原精機公式サイト https://www.ibaraseiki.co.jp/robot/

井原精機のロボットの特徴・種類

提供されているロボットの種類について記載はありませんでした。

取り扱いロボットメーカー

公式HPに記載なし

井原精機の設備紹介・スペック情報等

井原精機の公式HPに詳細な設備情報はありませんでした。参考として井原精機が保有する工場を紹介します。

ロボットに関するニュースリリース(プレスリリース)

公式HPに記載なし

会社情報

精密加工のロボット
システム業界をリード。
パイオニア的存在の
注目加工ロボットSIer3社

ロボットを直接加工に使うニーズに対応可能な加工ロボットSIer会社の3社ピックアップ。いずれの企業も、加工ロボット業界のパイオニアとして、世界初、日本初、業界初のロボット技術・開発力をもつロボットSIer会社です。※2021年10月1日時点調査(自社調べ)

トライエンジニアリング

世界初のヘミング加工に成功、
全自動車メーカー導入!*1

対応ロボット

マシニングセンタ(切削)/
研磨/ヘミング(曲げ)/
溶接/異素材接合

取り扱いロボットメーカー

安川電機/ファナック/
NACHi不二越/STAUBLI/KUKA

インフィニティ
ソリューションズ

日本初のパッケージングされた
切削ロボットを販売!*2

対応ロボット

マシニングセンタ(切削)/溶接/
塗装/組み立て 等

取り扱いロボットメーカー

KUKA

KADO

日本企業初のKUKA
オフィシャルパートナー!*3

対応ロボット

切削機械/ハンドリング/
自動複合材成形装置関

取り扱いロボットメーカー

KUKA

参照元:
*1 トライエンジニアリング公式サイト https://trieg.co.jp/
*2 インフィニティソリューションズ公式サイト https://www.infinitysolutions.co.jp/faq/
*3 KADO公式サイト http://www.kado-corporation.com/

[PR] 動画で紹介! 加工ロボットはここまでできる!