工作機械・ロボットSIer 会社選びガイド -マシロボ » 日本を代表する工作機械メーカー » ジェイテクト

ジェイテクト

引用元:公式HP
https://www.jtekt.co.jp/

ジェイテクトの工作機械メーカーとしての特徴

ジェイテクトグループは、世界シェアNO.1※を誇るパワーステアリングを主とした自動車部品や、工作機械・ベアリングなどの製造や販売を行っています。工作機械ブランドとして、「TOYODA」を立ち上げ、自動車の量産ラインで長年培われてきた独自の技術をもとに、モノづくりの生産性向上をサポートしています。また、ジェイテクトの持つ工作機械技術は「TAKTICA」と称され、高精度化を進める技術で差別化を図っています。※参照元:SankeiBiz  https://www.sankeibiz.jp/business/
news/181111/bsa1811110907003-n1.htm

ジェイテクトのあつかう工作機械の特徴・種類など

研削盤

研削盤とは、高速回転するといしで素材を研削する機械のことです。ジェイテクトでは、CNC研削盤、CNC内面研削盤、CNC汎用内筒研削盤、グラインディングセンタ、高精度ロール研削盤、油圧汎用円筒研削盤、CBNクランクシャフト研削盤、CBN円筒研削盤、CBNカムシャフト研削盤といった用途別の多様な研削盤が販売されており、個々のお客様のニーズにこたえています。

ギヤスカイビングセンタ

ジェイテクトのギヤスカイビングセンタは、歯切りだけでなく旋削から穴あけまでの加工工程を1台に集約することで段取り時間を削減し、生産性向上とともに、ワンチャック加工による加工精度の向上も実現しました。また、従来加工が困難だった形状のギヤ加工も可能にし、お客様の製品改革にも貢献します。

マシニングセンタ

ジェイテクトのマシニングセンタは、主軸にこだわった加工精度の高い機械となっています。横形マシニングセンタ、5軸マシニングセンタ、立形マシニングセンタ、門形マシニングセンタと種類が豊富にあり、使用用途に合わせて選ぶことができます。

ジェイテクトの動向

ジェイテクトでは、「モノづくりを通じて人々の幸福と、豊かな社会づくりに貢献する」をグループビジョンとして掲げており、お客様の期待を超える価値を提供する「価値づくり」、世界を感動させる「モノづくり」、自ら考え行動する人材を育てる「人づくり」を行うことで、ナンバー1かつオンリー1の技術・商品をさらに強化していくことを目指しています。

ジェイテクトのロボットに関する取り組みを調査

工作機械の高度化と知能化を実現させるため新ブランドを設立

生産ラインの自動化を推進しているジェイテクトでは、自社技術を多くの人にアピールするために2019年に工作機械・メカトロ事業の共通技術ブランド「TAKTICA(タクティカ)」を発表。CNC円筒研削盤の世界的な有名メーカーとして、基盤技術や自動化システムの開発を行う「タクティカ・テック」 をはじめ、人工知能による工作機械を扱う「タクティカ・スマート」 や次世代を見据えた加工技術「タクティカ・ビヨンド」の 3ブランドで構成されています。また、誰でも利用できる無料のものづくり相談窓口「なんでも相談室」を設置。生産現場での困りごとをヒアリングしながら、適切な解決策を提案しています。

システムの特徴

これまで人の手によって行われていた熟練の技をAIをフル活用し実用化。段取り替えが 不要な研削盤や さまざまな切削プロセスを1台で行う横形マシニングセンタなど、多岐に渡る工作機械の自動化に成功しています。生産規模やロット数などによって、数あるマシンの中から最適なロボットシステムを提案。オペレーターの代わりに生産をサポートしてくれる協働ロボットと、部品などの特徴を捉えて検査を行うビジョンセンサーを組み合わせることで、効率的に製品の加工を行ってくれます。

参照元:ロボットダイジェスト https://www.robot-digest.com/contents/?id=1576418887-361586

ロボット製品情報

ジェイテクトが手掛けてきた代表的なロボットシステムを厳選!実際にロボットが動いている動画も集めてみましたので、参考にしてみて下さい。

広範囲の加工もお任せ!5軸マシニングセンタ「FH630SX-5A」

傾斜旋回式主軸にしたことで大きな工作物でも積載でき、1回の段取りで工作物の重量に関係なく多面加工を行うことが可能。段取りの回数を削減することで加工精度やリードタイムを短縮できるようになっています。「回転」と「傾斜」の2軸を加えた切削加工によって、三次元曲面の連続加工やアンダーカットなどの加工もスムーズ!主軸垂直姿勢時には軸配置と堅牢な機械剛性によって、パレット中心から300mmのポイントまで到達するので、従来よりも大きな加工範囲に対応しています。

参照元:YouTube https://youtu.be/BmYXfTuXO_0

小物の量産加工に最適なCNC円筒研削盤「e300Gi」

2020年7月に販売された小型シャフトに特化した研削盤で、高い生産性と高精度な加工をとことん追求。低コストかつ効率的な設計を行ってくれるCAE解析技術を活用することで、寸法変異を30%減らしました。高剛性でありながら振動を抑えた低熱変位のベットによって、工作物の品質や精度、生産性もアップ!マシン一体型ローダ なので、工作物にあわせた位置の設定やデータの取り込み作業をボタン1つで実行することができます。初期設定が簡単なので、稼働までの準備期間も短縮。導入後も直ぐに生産をスタートさせることが可能です。

参照元:PR TIMES CNC円筒研削盤「e300Gi」をモデルチェンジ https://prtimes.jp/main/
html/rd/p/000000120.000028729.html

参照元:YouTube https://youtu.be/FSjtfwc4qjM

会社情報

日本を代表する工作機械メーカー一覧

精密加工のロボット
システム業界をリード。
パイオニア的存在の
注目加工ロボットSIer3社

ロボットを直接加工に使うニーズに対応可能な加工ロボットSIer会社の3社ピックアップ。いずれの企業も、加工ロボット業界のパイオニアとして、世界初、日本初、業界初のロボット技術・開発力をもつロボットSIer会社です。※2021年10月1日時点調査(自社調べ)

トライエンジニアリング

世界初のヘミング加工に成功、
全自動車メーカー導入!*1

対応ロボット

マシニングセンタ(切削)/
研磨/ヘミング(曲げ)/
溶接/異素材接合

取り扱いロボットメーカー

安川電機/ファナック/
NACHi不二越/STAUBLI/KUKA

インフィニティ
ソリューションズ

日本初のパッケージングされた
切削ロボットを販売!*2

対応ロボット

マシニングセンタ(切削)/溶接/
塗装/組み立て 等

取り扱いロボットメーカー

KUKA

KADO

日本企業初のKUKA
オフィシャルパートナー!*3

対応ロボット

切削機械/ハンドリング/
自動複合材成形装置関

取り扱いロボットメーカー

KUKA

参照元:
*1 トライエンジニアリング公式サイト https://trieg.co.jp/
*2 インフィニティソリューションズ公式サイト https://www.infinitysolutions.co.jp/faq/
*3 KADO公式サイト http://www.kado-corporation.com/

[PR] 動画で紹介! 加工ロボットはここまでできる!