工作機械・ロボットSIer 会社選びガイド -マシロボ » 有名産業ロボットメーカー » ダイヘン

ダイヘン

引用元:公式HP
https://www.daihen.co.jp/

ダイヘンの特徴

ダイヘンは1919年の創立以来、変圧器に始まり溶接機、産業用ロボット、半導体製造装置用高周波電源などを開発してきました。現在は、変圧器や配電用機器を扱うスマート・エネルギー・マネジメント事業、産業用ロボットなどを扱うスムース・ファクトリー・オートメーション事業、溶接機や切断機を扱うマテリアル・ファイン・プロセシング事業を展開し、くらしの基盤となる電力インフラの高度化や世界のものづくりの進化・発展に貢献しています。

ダイヘンの動向

ダイヘンは、社会的課題に真正面から向き合う「研究開発型企業」を目指しています。再生可能エネルギー活用拡大のためのエネルギー・マネジメント・システムやEV普及に不可欠な充電インフラ機器、などの開発により脱炭素社会実現に貢献する「Green Solutions」、ロボットや工作機械の開発・研究、機械障害による生産のロスタイムを極力なくすように、修理サポートや遠隔リアルタイムサービスを実現させ、モノつくりに携わる人々を単純作業から開放し、新しい技術を開発する企業から、問題を解決する企業へ転換しています。

ロボットの特徴・種類など

ダイヘンのロボットは、コンパクトなスペースで、より高効率で高品質な溶接を可能にしてくれます。シンプル&スリムアームのスタンダード機から最先端の7軸ロボットまで、幅広いラインナップとなっています。また、ロボットの適用分野は、アーク溶接、スポット溶接、ハンドリング・搬送、レーザ溶接・切断、シーリング、プラズマ溶接、プラズマ切断など、多岐にわたります。

ロボットメーカー ダイヘンの導入事例を調査

実際にダイヘンの自動化システムを採用した企業などの導入事例をリサーチ!どのような問題を解決してきたのか、導入後の様子なども調べてみましたので参考にしてほしいと思います。

case1. 鉄道車両部品の高温溶接加工をロボットで自動化

導入システム:垂直多関節ロボット「B4L」

KPファクトリーで行われている溶接作業は熟練した技術を要するため、これまで限られた技能者しか溶接施工を行うことができませんでした。溶接は溶接時に発生するヒューム(煙)や熱によって、やけどや熱中症の他にも、人体に悪影響を及ぼすリスクがある危険な施工で、過酷な環境下で作業をしなければならないため、後継者の承継や育成などの問題を抱えていました。そこで、ダイヘンのロボット溶接システムを導入したことで、複雑な溶接加工をロボットが全て請け負い施工。鉄道車両の溶接作業は大量なロット数ではないものの、職人のリスク回避や若手の育成にかかる労務費の削減に成功。高精度で優れた品質の製品を加工できるようになり、1日の生産量も増えてシステムの導入で多くのメリットが得られました。

参照元:ロボット活用ナビ(PDF) http://www.robo-navi.com/document/
2017robothb.pdf

システム導入のメリット

case2. 大型の特注門扉の溶接施工をロボットが代行

導入システム:垂直多関節ロボット「FD-B4L 」

大型の門扉は特注生産のため、寸法や形状はさまざま。経験豊富な職人が手作業で溶接を行っていましたが、溶接の技術が無い作業員でも簡単に作業ができるように溶接施工の自動化を導入しました。事前に分類可能な7種類の溶接データを作りこんでいるので、現場では種類を選択して操作パネルで製品の長さや格子などの寸法を入力するだけ。あとは作業プログラムによって、ロボットシステムが溶接加工を行ってくれます。作業人数も1人となり、溶接施工における労働時間もほぼ半分の時間に短縮。また、従来の生産コストより50%以上削減することが出来ました。会社にとって初めてのロボット導入だったため、とにかく簡単な操作にこだわり開発されました。

参照元:ロボット活用ナビ(PDF) http://robo-navi.com/webroot/document/
2018RobotHandBook.pdf

システム導入のメリット

産業ロボットに関するニュース(プレスリリース)

2021年3月9日 高可搬ロボット「FD-B100」新発

ダイヘンは、高可搬ロボット「FD-B100」の発売を始めました。「FD-B100」は、スリムなデザインのため高密度設置が可能で、クラス最高レベルの動作速度でタクトタイム短縮を実現、可搬重量は100kgとなっています。また、各種通信規格のアプリケーションケーブルに対応しており、ロボットベースからショルダまで内配されていて、外部機器との連携を容易に行えます。

会社情報

有名産業ロボットメーカー一覧

精密加工のロボット
システム業界をリード。
パイオニア的存在の
注目加工ロボットSIer3社

ロボットを直接加工に使うニーズに対応可能な加工ロボットSIer会社の3社ピックアップ。いずれの企業も、加工ロボット業界のパイオニアとして、世界初、日本初、業界初のロボット技術・開発力をもつロボットSIer会社です。※2021年10月1日時点調査(自社調べ)

トライエンジニアリング

世界初のヘミング加工に成功、
全自動車メーカー導入!*1

対応ロボット

マシニングセンタ(切削)/
研磨/ヘミング(曲げ)/
溶接/異素材接合

取り扱いロボットメーカー

安川電機/ファナック/
NACHi不二越/STAUBLI/KUKA

インフィニティ
ソリューションズ

日本初のパッケージングされた
切削ロボットを販売!*2

対応ロボット

マシニングセンタ(切削)/溶接/
塗装/組み立て 等

取り扱いロボットメーカー

KUKA

KADO

日本企業初のKUKA
オフィシャルパートナー!*3

対応ロボット

切削機械/ハンドリング/
自動複合材成形装置関

取り扱いロボットメーカー

KUKA

参照元:
*1 トライエンジニアリング公式サイト https://trieg.co.jp/
*2 インフィニティソリューションズ公式サイト https://www.infinitysolutions.co.jp/faq/
*3 KADO公式サイト http://www.kado-corporation.com/

[PR] 動画で紹介! 加工ロボットはここまでできる!