工作機械・ロボットSIer 会社選びガイド -マシロボ » 加工・切削・研磨ロボットシステムインテグレーター一覧カタログ » 特電

特電

引用元:公式HP
https://www.kk-tokuden.co.jp/

特電のロボットSIerとしての特徴

特電はロボットSIerとFA製品メーカーとして、総合的なロボット事業を取り扱っている専門企業です。自動車業界の現場で経験を積んだエンジニアが所属しており、自動車業界は当然として、医薬品や食品、製紙業界など様々な分野における産業用ロボットの導入を支援しています。

また、クライアントのニーズに応じたロボットの提案だけでなく、ティーチングやラインタクトなどの面においてもロボットエンジニアが積極的にサポートしており、導入メリットの最大化を支援してくれることも特徴です。

その他、神奈川県相模原市が運営する「さがみはらロボットビジネス協議会」に賛助会員として参加しています。

特電のロボットの特徴・実例

自動ナット溶接装置「ロボパック」

ロボパックは特電が開発した自社開発設備であり、ロボットSIerとして提供するオリジナル製品です。パッケージ型として販売されているロボパックは、設置してすぐに稼働させられる自動ナット溶接システムであり、ナットの様々な分野や業界のナット溶接に対応させることができます。その他、ビジョンシステムと融合させることで、バラ積み状態のワークにも対応できます。

参照:特電公式サイトhttp://www.kk-tokuden.co.jp/works/works_robo.html

そのほかの製作実績

特電では無人化組立ラインや検査ライン、搬送ラインなど様々な工程や業界の作業ラインに関して、ロボットシステムを構築してきた実績を有していることが特徴です。具体的には、ファイル巻取りロボットや取出しロボット、溶接ロボット、積込ロボットなどが挙げられ、それぞれのクライアントのニーズや作業環境に合わせたシステムを構築できます。

参照:特電公式サイトhttp://www.kk-tokuden.co.jp/works/works_robo.html

取り扱いロボットメーカー

特電の設備紹介・スペック情報等

記載なし

ロボットに関するニュースリリース(プレスリリース)

会社情報

精密加工のロボット
システム業界をリード。
パイオニア的存在の
注目加工ロボットSIer3社

ロボットを直接加工に使うニーズに対応可能な加工ロボットSIer会社の3社ピックアップ。いずれの企業も、加工ロボット業界のパイオニアとして、世界初、日本初、業界初のロボット技術・開発力をもつロボットSIer会社です。※2021年10月1日時点調査(自社調べ)

トライエンジニアリング

世界初のヘミング加工に成功、
全自動車メーカー導入!*1

対応ロボット

マシニングセンタ(切削)/
研磨/ヘミング(曲げ)/
溶接/異素材接合

取り扱いロボットメーカー

安川電機/ファナック/
NACHi不二越/STAUBLI/KUKA

インフィニティ
ソリューションズ

日本初のパッケージングされた
切削ロボットを販売!*2

対応ロボット

マシニングセンタ(切削)/溶接/
塗装/組み立て 等

取り扱いロボットメーカー

KUKA

KADO

日本企業初のKUKA
オフィシャルパートナー!*3

対応ロボット

切削機械/ハンドリング/
自動複合材成形装置関

取り扱いロボットメーカー

KUKA

参照元:
*1 トライエンジニアリング公式サイト https://trieg.co.jp/
*2 インフィニティソリューションズ公式サイト https://www.infinitysolutions.co.jp/faq/
*3 KADO公式サイト http://www.kado-corporation.com/

[PR] 動画で紹介! 加工ロボットはここまでできる!