工作機械・ロボットSIer 会社選びガイド -マシロボ » 日本を代表する工作機械メーカー » アマダ(旧社名:アマダホールディングス)

アマダ(旧社名:アマダホールディングス)

引用元:公式HP
https://www.amada.co.jp/ja/

アマダ(旧社名:アマダホールディングス)の工作機械メーカーとしての特徴

アマダグループは、約91の子会社と関連会社で構成され、金属加工機械の製造や販売、修理・点検などをメインに事業を展開しています。板金機械事業、切削事業、研削盤事業、プレス事業、精密溶接事業といった5つの事業を軸に、加工機械とそれを制御するためのソフトウエアや周辺機器、金型、メンテナンスにいたるすべてのソリューションサービスを提供しています。

アマダ(旧社名:アマダホールディングス)の工作機械の特徴・種類など

レーザーマシン/パンチ・レーザー複合マシン/パンチングマシン

金属の板を図面通り、材料を部品の形に切り出すブランクの工程で使用する機械です。レーザー光線で金属の板(板金)に穴あけ、切断を行うレーザーマシン、金型と呼ばれる刃を利用して金属の板(板金)に丸・四角等、いろいろな形状に穴をあけたり、切断等を行うパンチングマシン、パンチングとレーザー2つの機能を持つパンチ・レーザー複合マシンの3種類があります。

ベンディングマシン

プレスブレーキともいい、上下2カ所の金型で金属の板(板金)を折り曲げるマシンです。単体のマシンだけではなく、折り曲げの自動化ニーズに対応したロボットシステムの提供も行っています。

レーザー溶接機/汎用溶接機

金属を接合させる溶接加工を行うマシンです。発振器で励起されたレーザ光を加工物に集光させ、照射部分を溶融して接合するレーザー溶接機と電気抵抗を利用して金属を接合させる汎用溶接機の2種類があります。

アマダ(旧社名:アマダホールディングス)の動向

アマダは、2020年4月1日からアマダグループとして、新たな体制でスタートしました。製造業において、お客様や社会に貢献し続けられる企業であるため、努力を重ねています。また、製造業界の将来性を考え、AIやIoTといった先端技術を活用した新しい事業の創出にも力を入れています。

アマダのロボットに関する取り組みを調査

板金加工機械の自動化で現場が求めるソリューションを提供

金属加工機械のグローバルメーカーとして、時代に合わせたものづくりを支えているアマダグループ。2014年10月に自動化・省略化システムに特化した最新鋭の生産拠点「アマダオートメーションシステムズ」を福島に竣工させ、グループの更なる発展と進化を目指すため2015年から組織体制を刷新しました。ものづくりにおける課題を解決するため、製造工程の自動化や作業効率などに対応した装置を次々と発表。ロボットの活用による生産設備や自動化システムの拡充に注力し続けています。

システムの特徴

プレス加工やプレス周辺装置、ばね成形機などをシステム化することで、制御を一体化。複雑な工程が多い板金加工の生産性を向上させ、工程の負担を軽減してくれます。ファイバーレーザマシン「ENSIS-AJ シリーズ」は、2016年に日本機械工業連合会主催 優秀省エネルギー機器表彰 資源エネルギー庁長官賞を受賞した他、4つの製品賞を受賞。高い省エネ効果と変種変量生産を兼ね備えた新世代のレーザマシンで、自動連続運転にも対応できるシステムになっています。

参照元:アマダ公式サイト https://products.amada.co.jp/
products/product/?productid=id000015&language=1

ロボット製品情報

アマダが手掛けてきた代表的なロボットシステムを厳選!実際にロボットが動いている動画も集めてみましたので、参考にしてみて下さい。

世界初!LBCテクノロジー搭載ファイバーレーザマシン「VENTIS-AJ」

2019年6月に発表されたVENTIS-AJ は、レーザ光を金属の材質や板厚に応じ適切な軌跡を確保してくれるLBCテクノロジー技術を搭載したファイバーレーザマシン。ビームをコントロールすることで、ステンレスやアルミといった金属の材質によって異なる切断加工でも素早く行ってくれます。光を振動させ切断幅(カーフ)を調整してくれるので、加工後の部品の取り出しもスムーズ。生産性や品質、カーフコントロールといった3つの加工モードを自由に選択できるため、長時間の自動化運転も安心して行えます。

参照元:アマダ公式サイト VENTIS AJシリーズ http://www.ai-link.ne.jp/mbr/event/blank/VENTIS.html

デジタル電動サーボプレス「SDE-iIIIシリーズ」

実用性のある12種類ものバリエーション豊かなモーションがあるため、製品によって最適なものを選ぶことが可能。運転画面も簡素化したことで操作もしやすく、高精度な成形を素早く実現してくれます。製品管理に必要なロードモニターを標準装備。液晶画面をタッチするだけで、荷重や位置、波形のサイズ調整などを操作できるようになっています。また、現場の生産ラインに応じて周辺機器も組み合わせシステムアップすることが可能。ワーク搬送やコイル材の供給など高精度な加工をバックアップしてくれます。

参照元 アマダ公式サイト デジタル電動サーボプレス  https://www.amada.co.jp/ja/
products/amp/press/servo_press/?group=true#group-2

会社情報

日本を代表する工作機械メーカー一覧

精密加工のロボット
システム業界をリード。
パイオニア的存在の
注目加工ロボットSIer3社

ロボットを直接加工に使うニーズに対応可能な加工ロボットSIer会社の3社ピックアップ。いずれの企業も、加工ロボット業界のパイオニアとして、世界初、日本初、業界初のロボット技術・開発力をもつロボットSIer会社です。※2021年10月1日時点調査(自社調べ)

トライエンジニアリング

世界初のヘミング加工に成功、
全自動車メーカー導入!*1

対応ロボット

マシニングセンタ(切削)/
研磨/ヘミング(曲げ)/
溶接/異素材接合

取り扱いロボットメーカー

安川電機/ファナック/
NACHi不二越/STAUBLI/KUKA

インフィニティ
ソリューションズ

日本初のパッケージングされた
切削ロボットを販売!*2

対応ロボット

マシニングセンタ(切削)/溶接/
塗装/組み立て 等

取り扱いロボットメーカー

KUKA

KADO

日本企業初のKUKA
オフィシャルパートナー!*3

対応ロボット

切削機械/ハンドリング/
自動複合材成形装置関

取り扱いロボットメーカー

KUKA

参照元:
*1 トライエンジニアリング公式サイト https://trieg.co.jp/
*2 インフィニティソリューションズ公式サイト https://www.infinitysolutions.co.jp/faq/
*3 KADO公式サイト http://www.kado-corporation.com/

[PR] 動画で紹介! 加工ロボットはここまでできる!