工作機械・ロボットSIer 会社選びガイド -マシロボ » 産業用ロボットの基礎知識・用語 » ロボットティーチングとは何か?

ロボットティーチングとは何か?

働き方改革や人材不足をきっかけに、産業用ロボットを導入する企業が増えています。しかしながら、産業用ロボットを導入したにも関わらず、上手く使いこなせていないという企業も少なくありません。

それは、産業用ロボットを操作するうえで必要な「ティーチング」を行っていないからです。「ティーチング」が何なのか分からない方のために、産業用ロボットの稼働に欠かせないティーチングとは何かや、その種類と特徴についてまとめていきます。

ティーチングとはロボットに動きを教え込むこと

ティーチングとは、ロボットにどう動くのかを教え込むことです。ロボットは、購入しただけでは思い通りの動きをしてくれません。そのため、どの条件のときに、どの順番で、どういう姿勢で動くのかといった細かな指示を与える必要があります。その指示を教え込むことをティーチングと呼ぶわけです。

ティーチングは、大きく分けると「オフラインティーチング」「オンラインティーチング」「ダイレクトティーチング」「AIによるティーチングレス」の4つの方法に分けることができます。それぞれの特徴についてご紹介します。

オフラインティーチングの特徴

オフラインティーチングとは、パソコン上でプログラムを作成し、そのデータをロボットに転送するティーチング方法のことです。

産業用ロボットの機体を使わないため、生産ラインをストップさせる必要がなく、プログラミング中の経済的損失を防げます。しかし、プログラムを読み込んだ状態でロボットが想定通りに動作するかわからないため、注意する必要があります。

オンラインティーチングの特徴

オンラインティーチングとは、実際にロボットの前で、ティーチングペンダント(リモコンのようなもの)を使用してロボットに動作を組み込んでいくティーチング方法のことです。実際の製造ラインの中でロボットを稼働させながら、他の機械との接続部分の動作を記録・再生して確認を重ねます。この方法は「プレイバック方式」とも呼ばれています。

オンラインティーチングの場合、ティーチングの作業中は生産ラインを止めなければならず、ティーチング作業に時間を費やすほど損失が大きくなってしまいます。ですので、ティーチングの回数をなるべく抑えるため、ロボットを導入する際の最初のティーチングを丁寧に行っておかなければなりません。

ダイレクトティーチングの特徴

ダイレクトティーチングは、「直接教示法」とも呼ばれ、作業者がロボットを直接動かして、ロボットに動作を教えるティーチング方法のことです。具体的な方法としては、人がロボットの先端を手で動かし、その操作経緯をリモコンやコントローラーに記憶させていきます。直感的な方法として知名度が高いです。

人と一緒に働く双腕ロボットにおいては、ダイレクトティーチングを取り入れているタイプがあります。

AIによるティーチングレスの特徴

近年注目が高まっているのが、AIを利用することでティーチングを必要としないロボットの開発です。

AIには自己学習機能が備わっており、オフラインティーチングでプログラミングした作業を、ダイレクトティーチングで修正しながら、更に繰り返し稼働することでその精度を向上させていきます。導入した直後は、エラーが起きやすいかもしれませんが、徐々にエラーは減り、ミスなく正確に作業を行えるようになってきます。

AIによるティーチングレスの場合、人件費が抑えられ、産業用ロボットにかかるコストを削減することができます。

それぞれの産業用ロボットに適切なティーチングを

産業用ロボットを製造ラインに導入すると、飛躍的な生産性の向上が見込めます。そのためには、ロボットティーチングは欠かせません。

ロボットティーチングを行う労働者に対して、厚生労働省は、「産業用ロボットへの教示等作業者」という特別な教育を修了する必要があると定めています※。安全に配慮して作業を行うためにも、正しい知識のある資格保持者にティーチングを依頼するのが良いでしょう。

産業用ロボットの導入を考えている場合には、ロボットSIer企業に相談してみてください。※参照元:厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11300000-Roudoukijunkyokuanzeneiseibu/0000197860.pdf

マシニングセンタと
NC工作機械について見る

産業用ロボットの基礎知識・用語

精密加工のロボット
システム業界をリード。
パイオニア的存在の
注目加工ロボットSIer3社

ロボットを直接加工に使うニーズに対応可能な加工ロボットSIer会社の3社ピックアップ。いずれの企業も、加工ロボット業界のパイオニアとして、世界初、日本初、業界初のロボット技術・開発力をもつロボットSIer会社です。※2021年10月1日時点調査(自社調べ)

トライエンジニアリング

世界初のヘミング加工に成功、
全自動車メーカー導入!*1

対応ロボット

マシニングセンタ(切削)/
研磨/ヘミング(曲げ)/
溶接/異素材接合

取り扱いロボットメーカー

安川電機/ファナック/
NACHi不二越/STAUBLI/KUKA

インフィニティ
ソリューションズ

日本初のパッケージングされた
切削ロボットを販売!*2

対応ロボット

マシニングセンタ(切削)/溶接/
塗装/組み立て 等

取り扱いロボットメーカー

KUKA

KADO

日本企業初のKUKA
オフィシャルパートナー!*3

対応ロボット

切削機械/ハンドリング/
自動複合材成形装置関

取り扱いロボットメーカー

KUKA

参照元:
*1 トライエンジニアリング公式サイト https://trieg.co.jp/
*2 インフィニティソリューションズ公式サイト https://www.infinitysolutions.co.jp/faq/
*3 KADO公式サイト http://www.kado-corporation.com/

[PR] 動画で紹介! 加工ロボットはここまでできる!