工作機械・ロボットSIer 会社選びガイド マシロボ » 加工・切削・研磨ロボットシステムインテグレーター一覧カタログ » トライエンジニアリング

トライエンジニアリング

トライエンジニアリングのロボットSIerとしての特徴

トライエンジニアリングは、1991年に世界*で初めてヘミング形状加工用ロボットの開発に成功した企業です。現在は国内外の自動車メーカーをはじめ、様々な産業へサービスを提供しています。今までに培ったロボット技術をもとに、「ロボットマシニングシステム」や「ロボットFSW システム」など、生産性の向上を推進するロボットシステムの研究開発を行っています。*参照元:*1 トライエンジニアリング公式サイト https://trieg.co.jp/

トライエンジニアリングのロボットの特徴・種類

ヘミング形状加工ロボット

トライエンジニアリングが1991年に開発したロボットヘミングシステムは、従来のプレスヘムやテーブルトップヘム工法と比較しても、数々の長所を備えた画期的なシステムです。2013年には、従来のローラーの加圧式を油圧制御からサーボモータ制御に変更するとともに、ヘム加工専用制御機能を搭載した「サーボ加圧式ロボットヘミングシステム」をリリースしました。

参照:トライエンジニアリング公式サイトhttps://trieg.co.jp/products/hemming.html

マッチング加工(切削加工)ロボット

株式会社安川電機、およびMSIシステム株式会社との共同事業として開発した、汎用重可搬ロボット、専用設計定格4.5kwスピンドルモータ、および安川電機が開発した専用インバーター制御ソフトの採用により、従来困難だとされていた汎用ロボットによるフライ加工、エンドミル加工、穴明加工、バリ取り加工を実現しました。

参照:トライエンジニアリング公式サイトhttps://trieg.co.jp/products/machining.html

ポリッシング加工ロボット

ヘミングシステムの技術を応用し、ロボットによって微細な力を調整しながら樹脂製品や板金のポリッシングを行うシステムを開発したロボットです。従来、人の手によって行っていた工程と比べ、作業効率を格段に高めるとともに品質を均一化できます。また、オーバークオリティによる時間のロスなども改善してくれます。

参照:トライエンジニアリング公式サイトhttps://trieg.co.jp/products/polishing.html

FSW(Friction Stir Welding)ロボット

FSWと呼ばれる摩擦攪拌接合は、溶融溶接に代わる接合方法として考案されました。接合部の矯正工数を削減するとともに、変形が少なく、異なる材料の接合も可能など、様々な特性を備えていることにより、近年では自動車業界、航空機業界などから特に注目されています。

参照:トライエンジニアリング公式サイトhttps://trieg.co.jp/products/friction.html

FLJ(Friction Lap Joining)ロボット

トライエンジニアリングは、「ロボットFSW」の技術をさらに発展させ、金属と樹脂や炭素繊維強化プラスチックなどの異素材を接合する「ロボットFLJ」の開発も進めています。 経済産業省の「戦略的基盤技術高度化支援事業」に採択され、大阪大学などの大学とともに産学共同で進められるこのプロジェクトは、自動車の構造部材の軽量化などを実現する技術として大きな期待が集まっています。

参照:トライエンジニアリング公式サイトhttps://trieg.co.jp/products/friction.html

ロールフォーミングロボット

『ロボットロールフォーミング』は、従来ロールフォーミング専用機やブレーキプレスで加工していた加工をロボットで実現し、スペース削減、自動化に好適な製品です。

参照:トライエンジニアリング公式サイトhttps://trieg.co.jp/products/rrf.html

スポンジシーリングロボット

『ロボットスポンジシーリング』は、これまでは手作業で行われてきたシールスポンジ材貼付作業をロボットで行うことを実現させたロボットです。

参照:トライエンジニアリング公式サイトhttps://trieg.co.jp/products/res.html

レーザーカッティングロボット

トライエンジニアリングでは 、イエナオプティックジャパン株式会社様と協業し、ドイツのイエナオプティック社製レーザーカッティングロボット(JENOPTIK-VOTAN BIM)を核としたロボットレーザーカッティングシステム 【VOTAN BIM】を提供しています。カッティングヘッド付レーザー加工専用ロボットを基本システムとして、周辺付帯装置や専用治具部、システム制御などをトライエンジニアリングが設計・製作するとともに、ティーチングも行うことで品質を管理しています。 

参照:トライエンジニアリング公式サイトhttps://trieg.co.jp/products/cutting.html

取り扱いロボットメーカー

トライエンジニアリングの設備紹介・スペック情報等

研究開発&デモ用ロボット

設計ツール

オフラインソフト

参照:トライエンジニアリング公式サイトhttps://trieg.co.jp/company/introduction.html

ロボットに関するニュースリリース(プレスリリース)

2021年08月01日 KUKAシステムパートナーになりました。

2021年8月1日、トライエンジニアリングは、KUKAのシステムパートナーとなったことを発表しました。

2019年09月20日 メカトロテックジャパン2019(MECT2019)に出展

2019年9月20日から開催されるメカトロテックジャパン2019(MECT2019)にトライエンジニアリングが出展します。

会社情報

加工ロボットSIer一覧

精密加工のロボット
システム業界をリード。
パイオニア的存在の
注目加工ロボットSIer3社

ロボットを直接加工に使うニーズに対応可能な加工ロボットSIer会社の3社ピックアップ。いずれの企業も、加工ロボット業界のパイオニアとして、世界初、日本初、業界初のロボット技術・開発力をもつロボットSIer会社です。※2021年10月1日時点調査(自社調べ)

トライエンジニアリング

世界初のヘミング加工に成功、
全自動車メーカー導入!*1

対応ロボット

マシニングセンタ(切削)/
研磨/ヘミング(曲げ)/
溶接/異素材接合

取り扱いロボットメーカー

安川電機/ファナック/
NACHi不二越/STAUBLI/KUKA

インフィニティ
ソリューションズ

日本初のパッケージングされた
切削ロボットを販売!*2

対応ロボット

マシニングセンタ(切削)/溶接/
塗装/組み立て

取り扱いロボットメーカー

KUKA

KADO

日本企業初のKUKA
オフィシャルパートナー!*3

対応ロボット

切削機械/ハンドリング/
自動複合材成形装置関

取り扱いロボットメーカー

KUKA

参照元:
*1 トライエンジニアリング公式サイト https://trieg.co.jp/
*2 インフィニティソリューションズ公式サイト https://www.infinitysolutions.co.jp/faq/
*3 KADO公式サイト http://www.kado-corporation.com/