工作機械・ロボットSIer 会社選びガイド -マシロボ » 加工・切削・研磨ロボットシステムインテグレーター一覧カタログ » 津田駒

津田駒

引用元:公式HP
https://www.tsudakoma.co.jp/

津田駒のロボットSIerとしての特徴

1909年に創業した津田駒は、繊維機械や工作機械の分野で時代ごとのトレンドに合わせた技術提供や製品開発を行ってきました。現在は航空機産業や自動車産業など幅広い業界を対象として、産業機械のメーカーとして活躍するだけでなく、ロボットSIerとしてロボットシステムの導入や業務のシステム化などを検討しているクライアントのサポートを行っています。

ロボット関連ソリューションについて、クライアントのニーズに寄り添ったワンストップサービスが特徴です。

津田駒のロボットの特徴・実例

フレームカバー加工ライン

引用元:https://www.tsudakoma.co.jp/business/tri/case/frame/index.html

1台のロボットでワークの着脱や搬送、治具交換などの作業を完全システム化することが可能です。円テーブルを活用した治具代やワークストッカー、治具ストッカーなど、工作機械の分野でつちかったノウハウが、ロボットシステムに組み込まれている点も見逃せません。

参照:津田駒公式サイト

中物多品種加工ライン

引用元:https://www.tsudakoma.co.jp/business/tri/case/variety/index.html

自動ストッカーとマルチロボットセルを組み合わせることで、総合型自動化ライン多品種小ロット生産のシステム化を実現します。津田駒が製造したNC円テーブルを活用することで傾斜台を作成し、複数面でワークを正確に着脱可能となりました。またスケジュール管理による優先順位の設定も可能です。

参照:津田駒公式サイト

AGV搬送複合加工機ライン

引用元:https://www.tsudakoma.co.jp/business/tri/case/agv/index.html

AGV搬送とロボットセルを組み合わせた、段取り作業のシステム構築です。AGV搬送とロボットセルがそれぞれ協同し、段取りや加工のオートメーション化を可能としています。ワークの形状を識別することで多品種ワークの取り扱いも可能となっており、姿勢の補正も行います。

参照:津田駒公式サイト

鋳物バリ取り自動化ライン

鋳物バリ取り作業にロボットシステムを導入することで、完全オートメーション化することが可能です。従来は人の手作業に頼っていた業務をトータルでシステム化し、バリ取り加工機への投入から取り出しまで、一連の作業を専用治具とロボットで24時間対応します。

参照:津田駒公式サイト

取り扱いロボットメーカー

記載なし

津田駒の設備紹介・スペック情報等

ロボットに関するニュースリリース(プレスリリース)

会社情報

精密加工のロボット
システム業界をリード。
パイオニア的存在の
注目加工ロボットSIer3社

ロボットを直接加工に使うニーズに対応可能な加工ロボットSIer会社の3社ピックアップ。いずれの企業も、加工ロボット業界のパイオニアとして、世界初、日本初、業界初のロボット技術・開発力をもつロボットSIer会社です。※2021年10月1日時点調査(自社調べ)

トライエンジニアリング

世界初のヘミング加工に成功、
全自動車メーカー導入!*1

対応ロボット

マシニングセンタ(切削)/
研磨/ヘミング(曲げ)/
溶接/異素材接合

取り扱いロボットメーカー

安川電機/ファナック/
NACHi不二越/STAUBLI/KUKA

インフィニティ
ソリューションズ

日本初のパッケージングされた
切削ロボットを販売!*2

対応ロボット

マシニングセンタ(切削)/溶接/
塗装/組み立て 等

取り扱いロボットメーカー

KUKA

KADO

日本企業初のKUKA
オフィシャルパートナー!*3

対応ロボット

切削機械/ハンドリング/
自動複合材成形装置関

取り扱いロボットメーカー

KUKA

参照元:
*1 トライエンジニアリング公式サイト https://trieg.co.jp/
*2 インフィニティソリューションズ公式サイト https://www.infinitysolutions.co.jp/faq/
*3 KADO公式サイト http://www.kado-corporation.com/

[PR] 動画で紹介! 加工ロボットはここまでできる!