工作機械・ロボットSIer 会社選びガイド -マシロボ » 産業用ロボットの基礎知識・用語 » ロボットSIerとは何か

ロボットSIerとは何か

ロボットSIerとはロボットに命を吹き込む仕事

産業用ロボットの導入が進むにつれ、注目の集まるロボットSIer。その「SIer(エスアイアー)」は、システムインテグレーション(System integration)と呼ばれる、企業が抱える課題の分析やシステム構築、運用の一連の流れを行う事業者のことを指します。

そんなシステムインテグレータの中でも、ロボットに特化した事業者を「ロボットSIer」と呼んでいます。経済産業省のロボットSIerについての説明ページでは、ロボットSIerのことを「ロボットに命を吹き込む仕事。」と表現しています。

ロボットSIerは、ロボットを活用して工場の自動化を目指している企業が抱える課題の分析、システム構築、運用といった一連の流れと、様々な機器装置や部品、原材料などを把握し、企業にとって最適なロボットシステムの構築を提案、導入、稼働、稼働後のアフターメンテナンスを一貫して提供をしています。

ロボットシステム構築のプロセス基準「RIPS」とは?

「RIPS(Robotsystem Integration Process Standard)」とは、ロボットシステムをスムーズに構築するために、2017年に経済産業省と一般社団法人ロボット協会によって検討・提案されたロボットシステムインテグレーションプロセス基準のことです。

RIPSには、ロボットシステム構築時の作業工程やロボット導入に必要な作成書類などロボット導入の流れを、誰でも使いやすいようにまとめられ、ロボット導入の流れを知ることができます。

この「RIPS」のおかげで、ロボットSIerと依頼先との認識のずれから発生する作業を防ぐことができ、ロボット導入作業の進捗もわかりやすく、問題が発生した場合でも対応が迅速にできるなど、「RIPS」はロボットSIerにも製造ラインの自動化を推進する企業にとっても、メリットの大きいものとなっています。

ロボットシステム構築の課題とロボットSIerへ依頼する理由

ロボットシステム構築を進めて行く上でポイントとなるのは、従来ロボットへの置き換えが困難だった作業をロボットに置き換えていく技術です。

その中で課題となるのが、生産する製品の形状や素材などが原因でロボットの動作が複雑になること、ワークハンドリングがしにくい材料であること、人と共存するエリアでの安全対策を講じるスペースがないといった工場の環境などです。

これらの問題を解決しロボットシステムを構築を進めていくには、ロボットに関する知識はもちろん、周辺機器などについても十分知る必要があります。ロボットの型だけでも、直交型・垂直多関節型・水平多関節型・パラレルリンク型・双腕型など、複数の種類があり、それぞれに異なる特徴を持つため、すべてを理解するためには、膨大な時間と労力がかかります。加えて、周辺機器についての知識も必要となると、自社だけでロボットシステムの構築を完結させることは非常に難しいといえるでしょう。

ですので、ロボットシステムを構築する際には、ロボットシステム構築のプロ集団であるロボットSIerに相談してみてください。

マシニングセンタと
NC工作機械について見る

産業用ロボットの基礎知識・用語

精密加工のロボット
システム業界をリード。
パイオニア的存在の
注目加工ロボットSIer3社

ロボットを直接加工に使うニーズに対応可能な加工ロボットSIer会社の3社ピックアップ。いずれの企業も、加工ロボット業界のパイオニアとして、世界初、日本初、業界初のロボット技術・開発力をもつロボットSIer会社です。※2021年10月1日時点調査(自社調べ)

トライエンジニアリング

世界初のヘミング加工に成功、
全自動車メーカー導入!*1

対応ロボット

マシニングセンタ(切削)/
研磨/ヘミング(曲げ)/
溶接/異素材接合

取り扱いロボットメーカー

安川電機/ファナック/
NACHi不二越/STAUBLI/KUKA

インフィニティ
ソリューションズ

日本初のパッケージングされた
切削ロボットを販売!*2

対応ロボット

マシニングセンタ(切削)/溶接/
塗装/組み立て 等

取り扱いロボットメーカー

KUKA

KADO

日本企業初のKUKA
オフィシャルパートナー!*3

対応ロボット

切削機械/ハンドリング/
自動複合材成形装置関

取り扱いロボットメーカー

KUKA

参照元:
*1 トライエンジニアリング公式サイト https://trieg.co.jp/
*2 インフィニティソリューションズ公式サイト https://www.infinitysolutions.co.jp/faq/
*3 KADO公式サイト http://www.kado-corporation.com/

[PR] 動画で紹介! 加工ロボットはここまでできる!