工作機械・ロボットSIer 会社選びガイド -マシロボ » 加工・切削・研磨ロボットシステムインテグレーター一覧カタログ » ウエノテクニカ

ウエノテクニカ

引用元:公式HP
https://uenotechnica.com/

数多くのロボットSIerが本拠地を置くなど、ものづくりが盛んな群馬県。ウエノテクニカは、そんな群馬県にあるロボットSIerの一つです。1956年の創業から数えて、半世紀以上に及ぶ長い歴史を誇ります。

ウエノテクニカのロボットSIerとしての特徴

主に、自動車車体組立設備事業と各種自動化装置・システムの企画・設計・製造事業を展開しているウエノテクニカ。1956年の創業から数えて半世紀以上に渡る長い歴史の中で培われた確かな技術を大きな武器としており、IoTやAI といった先端技術と組み合わせながら、業務の完全自動化達成を目指したシステムを柔軟に開発します。

ウエノテクニカのロボットの特徴・種類

ラボ・ベンチ ロボット(商標登録済み)

細胞培養の自動化のためのロボットです。手動で行う必要がある作業を全て自動化することが出来、また、必要であれば、人との共同作業も可能です。

YouNico(ユニコちゃん)

ガイド不要な移動式ロボットハンドです。自動走行システムと9軸ハンドを供え、配膳作業を行います。

ツインアームロボット「ケンタ君」

低出力モーターと3Dおよび2Dカメラを供えたアームロボットです。作業者と一緒に組み立て作業を行います。

ランダムピッキングシステム

3Dカメラとマルチフィンガーを搭載したピッキングシステムです。固いものはもちろん、柔らかいものであってもしっかりと掴むことが出来ます。

取り扱いロボットメーカー

公式サイトに記載なし

ウエノテクニカの設備紹介・スペック情報等

ロボットに関するニュースリリース(プレスリリース)

2020年4月25日発行の日本物流新聞で紹介

2020年4月25日発行の日本物流新聞の「AIやモバイルロボ、自社開発を加速」と題した記事の中で、ウエノテクニカのロボットSIer業務が紹介されました。

2019年度国際ロボット展に出展

ウエノテクニカは、2019年度国際ロボット展に参加し、企業ブースおよび群馬県共同ブースで展示を行いました。

会社情報

精密加工のロボット
システム業界をリード。
パイオニア的存在の
注目加工ロボットSIer3社

ロボットを直接加工に使うニーズに対応可能な加工ロボットSIer会社の3社ピックアップ。いずれの企業も、加工ロボット業界のパイオニアとして、世界初、日本初、業界初のロボット技術・開発力をもつロボットSIer会社です。※2021年10月1日時点調査(自社調べ)

トライエンジニアリング

世界初のヘミング加工に成功、
全自動車メーカー導入!*1

対応ロボット

マシニングセンタ(切削)/
研磨/ヘミング(曲げ)/
溶接/異素材接合

取り扱いロボットメーカー

安川電機/ファナック/
NACHi不二越/STAUBLI/KUKA

インフィニティ
ソリューションズ

日本初のパッケージングされた
切削ロボットを販売!*2

対応ロボット

マシニングセンタ(切削)/溶接/
塗装/組み立て 等

取り扱いロボットメーカー

KUKA

KADO

日本企業初のKUKA
オフィシャルパートナー!*3

対応ロボット

切削機械/ハンドリング/
自動複合材成形装置関

取り扱いロボットメーカー

KUKA

参照元:
*1 トライエンジニアリング公式サイト https://trieg.co.jp/
*2 インフィニティソリューションズ公式サイト https://www.infinitysolutions.co.jp/faq/
*3 KADO公式サイト http://www.kado-corporation.com/

[PR] 動画で紹介! 加工ロボットはここまでできる!