工作機械・ロボットSIer 会社選びガイド -マシロボ » 産業用ロボットの基礎知識・用語 » 産業用ロボットにできること » 検査ロボット

検査ロボット

このページでは、産業用ロボットの中でも特に「検査ロボット」を導入することで得られるメリットについて解説しています。検査ロボットの特徴や任せられる作業工程などを理解した上で、自社にとっての導入メリットを検討する参考にしてください。

検査工程の重要性と自動化について

ものづくりの現場において、製品や加工品の仕上がりをチェックする検査工程は非常に重要です。検査工程をおろそかにすると、不具合が発生した際に気づくことができず不良品を納品してしまうリスクが増大したり、いっそ不良品を大量生産してしまって後に全て回収・廃棄、また再生産といったコストが発生したりします。

一方、検査作業では正確なチェックに関して従業員の経験や能力による差が生じやすく、加えて対象となる製品ごとに適切なチェックマニュアルが確立されていなければ、ヒューマンエラーによる見落としが発生してしまう可能性も少なくありません。

そのため検査ロボットなどを導入して、検査工程の品質を高めつつ、いつでも均一な作業を維持できる体制の確保はとても重要といえるでしょう。

検査ロボットとは

検査ロボットとは、デジタルカメラやレーザーによって製品の外観や状態をチェックするための産業用ロボットであり、カメラやレーザーで取得されたデータは画像解析システムなどで精密に分析されます。

また、不具合品や不良品を発見した際は自動的に対象物をラインから除去したり、不良が発生した際のデータを自動的にまとめたりする上でも役立ちます。

検査ロボットの構造・仕組み

一般的に検査ロボットは高性能なデジタルカメラやレーザーと、画像検査装置や画像解析システムなどを搭載している産業用ロボットです。あらかじめ設定されている条件に合わせて対象の不良やエラーを発見し、不良品の納品リスクを低下させます。

ロボット

主として検査ロボットには多関節ロボットが活用されることが多くなっており、製品に対して多角的にアプローチできることがポイントです。

また空間を3次元的に活用して撮像を取得したりチェックしたりできるため、作業スペースを節約しながら立体的な検査体制を実行できることも重要です。

なお、複数のロボットや産業用機械が組み合わされていることもあります。

画像検査装置

検査ロボットの要として、デジタルカメラや照明などの撮影用機器と、撮像を正確に分析して以上を検知するための画像解析システムが存在しており、両方を組み合わせたものが画像検査装置です。また、検査ロボットの中にはレーザーによって以上を検知するシステムが採用されているものもあります。

なお、画像検査装置はあらかじめ設定された条件にもとづいて製品の良・不良を判別します。

検査工程に検査ロボットを導入するメリット

作業の効率化が叶えられる

検査ロボットを導入することで、検査工程を自動化して生産システムの中に組み込むことが可能です。

検査工程をシステム化したりオートメーション化したりすれば、従業員の経験や働き方に左右されることなく検査作業を実施できるため、全体的な作業効率の向上を目指すことができます。また、24時間体制の作業を叶えることもできるでしょう。

品質が安定する

検査ロボットはあらかじめ設定されている条件にもとづいて、製品の状態をOKとする判定基準に照らし合わせて判断します。つまり、設定条件が適正であれば常に均一の検査品質で対象をチェックできることが重要です。

ただし、言い換えれば前提条件に不備があれば不良品が大量にスルーされてしまうため、必ず製品ごとに適切な条件設定を行えるよう注意しなければなりません。

細かなデータの取得・分析が可能になる

単に不具合品や不良品を発見して除外するだけでなく、どのような理由で製品を除去したのか、またどのようなタイミングや頻度で不良品が発生しているのか、データとして収集して相互参照できることもメリットです。

一定頻度でエラーが発生していると判断されれば、問題の要因について具体的に比較検討していけるかもしれません。また、特定の工程にエラーが集中していれば加工機械や生産ラインに何かしらの問題が発生していると考えられます。

従来の外観検査装置では対応できなかった検査も可能

ライン工程として流れてくる大量の製品をリアルタイムでチェックしていかなければならない検査作業において、人間が1つひとつの製品を正確に検査し続けることは困難です。また、外観チェックは可能であったとしても、内部の問題や異変まで察知できるとは限りません。

検査ロボットでは様々なアプローチによって不良を検知するため、従来のチェック体制では発見できなかったリスクを検知できる可能性もあります。

精密加工のロボット
システム業界をリード。
パイオニア的存在の
注目加工ロボットSIer3社

ロボットを直接加工に使うニーズに対応可能な加工ロボットSIer会社の3社ピックアップ。いずれの企業も、加工ロボット業界のパイオニアとして、世界初、日本初、業界初のロボット技術・開発力をもつロボットSIer会社です。※2021年10月1日時点調査(自社調べ)

トライエンジニアリング

世界初のヘミング加工に成功、
全自動車メーカー導入!*1

対応ロボット
  • マシニングセンタ(切削)
  • 研磨
  • ヘミング(曲げ)
  • 溶接
  • 異素材接合
取り扱いロボットメーカー
  • 安川電機
  • ファナック
  • NACHi不二越
  • STAUBLI/KUKA
インフィニティ
ソリューションズ

日本初のパッケージングされた
切削ロボットを販売!*2

対応ロボット
  • マシニングセンタ(切削)
  • 溶接
  • 塗装
  • 組み立て 等
取り扱いロボットメーカー
  • KUKA
KADO

日本企業初のKUKA
オフィシャルパートナー!*3

対応ロボット
  • 切削/ハンドリング
  • 自動複合材成形装置
取り扱いロボットメーカー
  • KUKA
参照元:
*1 トライエンジニアリング公式サイト https://trieg.co.jp/
*2 インフィニティソリューションズ公式サイト https://www.infinitysolutions.co.jp/faq/
*3 KADO公式サイト http://www.kado-corporation.com/