工作機械・ロボットSIer 会社選びガイド -マシロボ » 産業用ロボットの基礎知識・用語 » 産業用ロボットにできること

産業用ロボットにできること

様々なものづくりの製造現場や工場では多種多様な機械や産業用ロボットが導入されており、色々な用途に活用されています。このページでは、産業用ロボットができることを作業分野ごとに解説していますので、ぜひ参考にしてください。

産業用ロボットの主な用途

溶接(溶接ロボット)

産業用ロボットによる溶接作業のシステム化やオートメーション化は、幅広い業界や分野において活用されている重要なパターンです。

人間の腕のように関節を備えた垂直多関節ロボットなどを利用して、柔軟な動きを可能としたアームに溶接トーチや塗装ガンを組み合わせて溶接作業を実施します。超高温でも作業員の安全性を確保できる上、休憩なく連続して作業したり、溶接の品質を常に一定に保ったりと数多くのメリットがある作業です。

組立(組立ロボット)

機械加工や溶接加工などによって用意された部品や製品を、組立目的の産業用ロボットを活用して自動的に組み立てて、生産ラインを構築することができます。

細かなパーツや大サイズの部品も組立ロボットであれば対象条件や環境に合わせて設定できる上、部品の入れ忘れや配置間違いといったヒューマンエラーの発生リスクも予防可能です。

組立作業の効率化や、作業の属人化の解消などによって、全体の作業をスムーズに進めながら品質を追求します。

搬送(搬送ロボット)

様々な加工工程や組立工程へ搬送ロボットを採用しているケースも少なくありません。例えば生産ラインに組み込まれた搬送ロボットは、デジタルカメラや光学センサーなどを搭載して、ピックアップ目的の対象と、不良品や対象外の部品を見分けながら正確に選別・搬送することが可能です。

生産ラインの一部として部品搬送を行うだけでなく、ダンボール箱へ梱包したり、ダンボール箱をパレットに積み上げたりと、目的に合わせて色々なタイプのロボットを検討できます。

塗装(塗装ロボット)

塗装ロボットは文字通り、塗装作業を担当する産業用ロボットです。塗装作業をロボットが負担することで、同じ品質の塗装仕上げを繰り返し量産できるようになります。これにより、大量生産でも効率的に始めることが可能です。

また、塗料の中には人体に有害な物質が含まれている場合もあり、塗装ロボットを活用することで作業員の安全性を向上させたり、労災事故の発生リスクを低減させたりといったメリットにつながっていくでしょう。

検査(検査ロボット)

検査ロボットはカメラや各種センサーを使って、生産ライン上の部品から不良品を除害したり、また不具合の原因や状態を確かめたりすることが可能な産業用ロボットです。

適切な条件設定と製品選び、事前の調整さえきちんと済ませておけば、人間の目では捉えきれないほどの数の部品であっても正確に分類・識別・選別することができます。

業界を問わず、あらゆる分野において品質マネジメントの維持管理に利用できるということも重要です。

精密加工のロボット
システム業界をリード。
パイオニア的存在の
注目加工ロボットSIer3社

ロボットを直接加工に使うニーズに対応可能な加工ロボットSIer会社の3社ピックアップ。いずれの企業も、加工ロボット業界のパイオニアとして、世界初、日本初、業界初のロボット技術・開発力をもつロボットSIer会社です。※2021年10月1日時点調査(自社調べ)

トライエンジニアリング

世界初のヘミング加工に成功、
全自動車メーカー導入!*1

対応ロボット

マシニングセンタ(切削)/
研磨/ヘミング(曲げ)/
溶接/異素材接合

取り扱いロボットメーカー

安川電機/ファナック/
NACHi不二越/STAUBLI/KUKA

インフィニティ
ソリューションズ

日本初のパッケージングされた
切削ロボットを販売!*2

対応ロボット

マシニングセンタ(切削)/溶接/
塗装/組み立て 等

取り扱いロボットメーカー

KUKA

KADO

日本企業初のKUKA
オフィシャルパートナー!*3

対応ロボット

切削機械/ハンドリング/
自動複合材成形装置関

取り扱いロボットメーカー

KUKA

参照元:
*1 トライエンジニアリング公式サイト https://trieg.co.jp/
*2 インフィニティソリューションズ公式サイト https://www.infinitysolutions.co.jp/faq/
*3 KADO公式サイト http://www.kado-corporation.com/

[PR] 動画で紹介! 加工ロボットはここまでできる!